オープン、そしてトライアンドエラーが大事!

準備ができたら開店して知名度を上げていこう

ecサイトの運営は最初からうまくいくことの方が少ないです。既に実店舗で実績があり、固定客が存在する、あるいはほかのネットショップにはない独自の商品を販売しているというのではない限り、以前から存在するネットショップより多くの売り上げを記録することは難しいでしょう。ただ、だからといってなにもせずにあれこれ考えているだけでは話が進みません。ネットショップの運営は、経験を積んでいくことで客のニーズがわかっていき、知名度も上がって売り上げが増えることが多いので、ある程度準備ができた時点で思い切って店を開設した方がいいです。もちろん、最初は客がこなくても当たり前と考えるのではなく、いろいろと試してみることがその後の飛躍につながります。

ショップ開設直後はどのようなことを試してみるといいか

では、ネットショップを開設直後の段階ではどのようなことを試してみればいいのでしょうか。まず、ブログやSNSを積極的に活用してみましょう。どういった考えでショップを運営しているのか、あるいはどういった方向性で商品を仕入れているのかということをある程度明らかにすることで、信頼感が生まれ、ほかのショップと差別化できる可能性があるからです。
また、仕入れた商品を自腹で一つ買い取り、開封から動作チェックまでを解説つきで動画にし、動画共有サイトで流してみるという試みも評価を得る可能性があります。
なかなかアクセス数と売り上げが伸びない場合は、SEOや値引きだけではなく、人の興味を引くようなキャンペーンを行ってみるというのも一つの方法です。たとえば、スポーツの結果と結びつけて、勝ったら割引きを行うといったものです。